お中元の時期のマナー知ってますか?実は関東や関西など地域によって異なるんです!

結婚や就職を機に、親や親戚など日頃お世話になっている人にお中元を贈ってみようと考える方も多いですね。

ですがいざ贈ってみようと思うと、決まりやマナーなど分からないことばかりだったりしませんか?

「お中元って夏の間ならいつ贈ってもいいのかな~」なんてぼんやりした知識だけでは、気づかないうちにマナー違反をしているかもしれません。

まずはお中元の時期に関するマナーを知って、お世話になっているあの人に失礼のないようお中元を贈りましょう!

スポンサーリンク
  

お中元の時期にもマナーがあります

ひとことでお中元と言っても、実は全国の地域によって贈る時期には差があります。


お中元はもともと、「道教」の「三元」という習俗に由来します。

「三元」の中のひとつである「中元」と「仏教」の「盆」から派生して、現代のお中元という習慣が生れました。


参考記事:『お中元の意味って正しく知ってますか?誰に送るべきでお歳暮と何が違うのか』


この「中元」が旧暦の7月15日にあたるため、7月から8月のお盆までの間で地域によってお中元を贈る時期に差が生れました。

昔は直接挨拶に伺ってお中元を手渡しすることが多かったですが、現代は遠方の親や親戚へ郵送でお中元を送る場合も多いです。

そうすると、贈る時期が異なる地域間でのお中元のやりとりが発生するわけです。

せっかく感謝の気持ちを込めてお中元を贈るのですから、送る時期も相手の方が住む地域の習慣に合わせるのがベストでしょう。

少し時期がずれたからといって怒る人はいないでしょうが、失礼のないよう礼をつくすのが贈り物のマナーです。

お中元を送る際には、事前に相手の方が住んでいる地域のお中元の時期をチェックするのを忘れないでくださいね。

それでは実際に、地域毎のお中元の時期について見ていきましょう。

スポンサーリンク

お中元の時期のマナー北海道編

北海道では、7月15日から8月15日までの間にお中元を贈ります。

お中元の時期が1ヶ月間あるのは全国的にみても長い方で、贈る側としては余裕がもてますね。

余裕があるからと先延ばしにして8月15日を過ぎてしまうと、「お中元」ではなく「残暑見舞い」という扱いになります。

そうなると、のしの表書きも変えなければならなくなります。

お中元を贈る際には、8月15日までに届くように気をつけましょう。

お中元の時期のマナー関東・東北・北陸編

関東・東北・北陸地域では、7月1日から7月15日までにお中元を贈ります。

全国の中で、お中元を贈り始める時期が一番早い地域になります。

7月15日以降は「残暑見舞い」になります。

お中元を贈る期間が二週間しかないので、注意が必要ですね。

ですが最近では、東京・神奈川の都心エリアにおいてお中元を贈り始める時期が早まっている傾向があります。

6月に入ると店舗ではお中元の催事コーナーが賑わい出しますよね。

また都心の人口が多いエリア内で二週間のうちにお中元の郵送が集中すると、日時指定ができなかったり配送が遅れたりといった問題が生じることもあります。

そういった諸々の事情から、都心部では6月下旬からお中元を贈り始めるケースも増えています。


また北陸の一部の地域においては、北海道と同じく7月15日から8月15日の間にお中元を贈る習慣があります。

北陸の方へお中元を贈る場合は、相手の方が住んでいる地域がどちらの習慣なのか、事前にリサーチしておくと良いでしょう。

お中元の時期のマナー関西・東海・中国・四国編

関西・東海・中国・四国地域では、7月15日から8月15日の間にお中元を贈るのが一般的でした。

ですが最近はお中元の時期が早い関東の影響を受けて、西日本でも早い時期からお中元を贈る傾向が強まってきています。

東京のデパートなどでお中元コーナーが出始めると、テレビのニュースでその様子などが中継されたりしますよね。

それを見て、西日本でも早い時期からお中元のことを意識する人が増えたと考えられます。

ですので8月15日ギリギリにお中元を贈ると、「届くの遅かったな~」と思われてしまうこともあるかもしれません。

一般的なマナーとしては7月15日から8月15日の間で大丈夫なんですが、気持ち早めに手配する方が安心でしょう。

お中元の時期のマナー九州編

九州地方では、8月1日から8月15日の間にお中元を贈ります。

お中元を贈り始める時期が8月からと遅いのは、全国的にみても九州だけですので気をつけましょう。

ただ九州でも近年お中元を贈り始めるのが早まっている傾向があります。

何か事情があって早めに贈りたい場合は、7月中旬以降くらいからなら問題はないでしょう。

お中元の時期のマナー沖縄編

沖縄では、旧暦の7月15日までにお中元を贈ります。

ですので毎年お中元を贈る時期が違ってきます。

参考記事:『お中元を沖縄に送る際は時期に注意!旧暦にそって旧盆に送るのがマナー』

沖縄は全国の他の地域とお中元の時期のマナーが全く異なるので、沖縄にお中元を贈る際には気を付けましょう。

まとめ

お中元の時期のマナーを地域別でご紹介しましたが、意外と地域差が大きいことに驚かれた方も多いのではないでしょうか?

少しくらい贈られてくる時期がずれていたって、目くじら立てて怒る人は少ないでしょう。

ですがお中元は、日頃の感謝の気持ちを贈る行為です。

だからこそ相手の風習に合わせて最大限の礼をつくすことが、最大限に感謝の気持ちを伝えることに繋がりますよ。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。