みなとこうべ海上花火大会はデートにおすすめなのか?カップル向け鑑賞スポットやホテルプランを活用しよう!

関西の人気な花火大会として有名なものといえば、「みなとこうべ海上花火大会」ですよね。

例年8月の第1または第2土曜日に開催されています。

今年の日程は、2017年8月5日(土) 19:30~20:30 に決定しました。

デートで行こうと考えている方も多いでしょうが、当日の混雑具合はかなりのものです。

ノープランで行動すると、2人の仲が険悪な雰囲気になってしまう可能性もあるので要注意!

このページでは、デートでみなとこうべ海上花火大会を楽しむ方法をご紹介しています。

スポンサーリンク
  

みなとこうべ海上花火大会はデートにおすすめなのか?

関西最大規模で、今年は15,000発もの花火が打ち上げられる予定のみなとこうべ海上花火大会。

その迫力とキレイさは感動もので、夏のデートにはピッタリの花火大会です。

ですがその規模と人気の高さから、毎年とんでもなく混み合うのも事実。

公式HPで発表されている観覧予想人数は、なんと約30万人!

すごすぎて、想像もつかないような数字ですね(笑)。


そこで、デートでみなとこうべ海上花火大会に行こうと思ったあなたに質問です。

デートに花火大会を選んだのは、どうしてですか?

もちろん純粋に花火を楽しみたい気持ちもあるでしょうが、キレイな花火を見ることで2人でロマンチックな雰囲気に浸りたいというのが本音じゃないですか?

みなとこうべ海上花火大会の花火は素晴らしいので、カップルで鑑賞すれば気持ちも盛り上がるでしょう。

しかし打上場所近くで鑑賞しようと思うと、当日はけっこう大変だったりします。

良い場所で花火を見るためには長時間の場所取りが必要だったり、出店やトイレにもいちいち行列に並ばないとだったり・・・

夏の暑さの中で、かなり体力を消耗することになります。

せっかくのデートなのに、人混み疲れのイライラで険悪な雰囲気になってしまうなんてことも。

それじゃあ、花火大会をデートに選んだ意味が全くなくなってしまいますよね。


そこでおすすめなのが、打上場所から離れた場所から2人で鑑賞すること。

花火の見え方は少し小さくなりますが、落ち着いた雰囲気で鑑賞した方がロマンチックな気分になれます。

神戸の夜景も一緒に楽しめるので、デートにピッタリです。

みなとこうべ海上花火大会のカップル向け鑑賞スポット

私は地元が神戸付近なので、みなとこうべ海上花火大会はもちろんのこと、神戸周辺でよくデートしてました。

そんな私のカップル向けおすすめ鑑賞スポットはこちらです。

摩耶山 掬星台

日本三大夜景のひとつにも挙げられる「摩耶山 掬星台」

そこから眺めるパノラマに広がった夜景は、神戸1000万ドルの夜景と賞されます。

普段からデートスポットとして有名ですが、素晴らしい夜景に豪華な花火もプラスされるんだから、カップルにはもってこいの鑑賞スポットです。

私もデートに利用したことがあり、一番のおすすめ鑑賞スポットです。

アクセスは車か、「まやビューライン」というロープウェイの「星の駅」で下車します。

駐車場は、掬星台から徒歩10~15分の市営天上寺駐車場(有料)を利用します。

花火大会当日は駐車場は混みますから、車で行く場合は早めに行動してくださいね。

「まやビューライン」は、夏場の終発は20:50になっています。

菊星台 所在地:神戸市灘区摩耶山町2-2

神戸布引ハーブ園

神戸の観光地としても有名な「布引ハーブ園」

実はここからも、みなとこうべ海上花火大会を鑑賞することができます。

もちろん神戸の夜景も一緒に楽しめますよ。

布引ハーブ園に駐車場はなく、アクセスはロープウェイだけです。

新神戸駅から徒歩約5分のロープウェイ「ハーブ園山麓駅」から乗ります。

当日は神戸周辺の駐車場はどこも混んでいるので、公共交通機関を利用して神戸まできた方が良いでしょう。


ハーブ園の一番上の展望プラザからも鑑賞できますが、おすすめはロープウェイ「風の丘中間駅」近くにある「風の丘芝生広場」です。

芝生の広場が開けていて、花火がキレイに見えますよ。


明るいうちはハーブ園でのデートを楽しんで、夜は花火鑑賞というのがおすすめプランです。

神戸布引ハーブ園地図

スポンサーリンク

ビーナスブリッジ(ヴィーナスブリッジ)

ビーナスブリッジも神戸のデートスポットとして人気の場所です。

メリケンパークやハーバーランドが眼前に迫るパノラマ夜景を見ることが出来ます。

みなとこうべ海上花火大会もバッチリ鑑賞できますよ。

愛を誓ってカップルが南京錠をかけるという「愛の鍵モニュメント」もライトアップされるので、ロマンチックな雰囲気になること間違いなし。

車で行く場合は約30台分の無料駐車場がありますが、当日は混むので早めに現地へ向かってくださいね。

公共交通機関を利用するなら

・各線三宮駅より市バス7系統「諏訪山公園下」下車、徒歩約20分
・市営地下鉄西神山手線「県庁前駅」より徒歩約30分

になります。

ビーナスブリッジ 所在地:神戸市中央区諏訪山公園展望台

六甲山天覧台

打ち上げ会場から離れている分見える花火は小さめですが、神戸の豪華な夜景と共に花火を鑑賞できます。

花火大会後の帰りの大混雑に巻き込まれないというメリットもあります。

展望台と無料の駐車場が終日解放されているので、花火大会後の夜更けまでゆっくり夜景を観賞できるのもカップルには嬉しいですね。

無料の駐車場は20台ほどしか止められないので、花火大会当日は時間に余裕を持って行きましょう。

車以外では、六甲ケーブルの「六甲山上駅」を下りてすぐです。

21時過ぎには終発が出るので、ケーブルを利用する場合は帰りの時間に気をつけてくださいね。

六甲山天覧台 所在地:兵庫県神戸市灘区六甲山町一ヶ谷1-32

みなとこうべ海上花火大会はホテルで見ることもできます!

みなとこうべ海上花火大会の会場付近には、ホテルがいくつもあります。

そして各ホテルで、花火大会用の特別プランが用意されています。

ちょっとリッチに花火大会デートを楽しむなら、事前にホテルを予約しておくといいですね!

そうすれば花火大会当日の混雑を横目に、快適に花火鑑賞できます。

オリエンタルホテルやホテルオークラなど、有名ホテルで花火を見ながらディナーなんて最高にロマンチックですよ。

詳しくは『みなとこうべ海上花火大会のデートが盛り上がること間違いなし!ホテルのレストラン予約と室内鑑賞の穴場をご紹介』を読んでくださいね。

まとめ

デートでみなとこうべ海上花火大会を鑑賞するなら、海上から少し離れた鑑賞スポットを選ぶのが正解です!

お金をかけても大丈夫な場合は、思い切ってホテルを予約するとロマンチックな花火デートを堪能できます。

人混みで疲れながら必死に花火を見るより、神戸の夜景と共に豪華な花火を楽しみましょう!

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。