2017年みなとこうべ海上花火大会のトイレの位置情報。事前チェックしておけば安心!

夏の神戸で毎年開催される「みなとこうべ海上花火大会」。

今年の開催日程は、2017年8月5日(土) 19:30~20:30に決定しました。

毎年多くの人が訪れ、当日の会場はかなり混雑します。

人ごみの中でトイレを探すのは一苦労なので、事前にトイレ位置を把握しておくと安心して花火鑑賞できますよ。

このページでは、みなとこうべ海上花火大会のトイレの位置情報をご紹介しています。

スポンサーリンク
  

みなとこうべ海上花火大会の各エリアのトイレ位置

それぞれの鑑賞エリアごとに、詳細なトイレ位置を見ていきましょう。

エリアによってトイレの設置数が異なるので、花火鑑賞の場所取りの参考にしてくださいね。

メリケンパークのトイレ情報

メリケンパークエリアには、仮設トイレと既設トイレが1カ所ずつあります。

仮説トイレ周辺には、屋台も数多く出ています。

メリケンパークは花火大会のメイン会場なので、毎年とても混雑します。

そのためトイレ(特に女性用トイレ)も長蛇の列ができますので、ご注意ください。

川西倉庫跡地のトイレ情報

このエリアは、第一突堤の北側に位置します。

仮設トイレが2カ所設置される予定で、その周辺には屋台も出ます。

人の流れが多い所なのでトイレに立ち寄る人も多く、やはり混み合います。

第一突堤のトイレ情報

第一突堤には、仮設トイレと既設トイレの計3カ所あります。

第一突堤の南側は有料席エリアで、一般観覧は東側のエリアで花火を見ることが出来ます。

真正面に花火が見えることから、毎年とても混み合うエリアです。

必然的にトイレにも行列ができます。

第二突堤のトイレ情報

第二突堤には、仮設トイレが2カ所あります。

第二突堤は有料席エリアで、有料席エリア以外のところは立入禁止区域になります。

第二突堤は有料席を取っている人に限定されるので、他のエリアよりは混雑が少ないです。

ポートターミナルのトイレ情報

ポートターミナル付近で鑑賞する場合は、ポートターミナル内のトイレが一番近いです。

1~3階の各階にトイレがあります。

ポートターミナルでは毎年、当日販売の有料席が設置されます。

有料席を利用する人と一般観覧の人が両方使うので、トイレも混み合います。

ポートアイランド北公園のトイレ情報

北公園は開けた場所で花火がよく見えるので、毎年早くから場所取りする人が多いです。

トイレは、仮設トイレと既設トイレの2カ所です。

公園内には屋台も出ていることから、混み合うエリアとなっています。

ポーアイしおさい公園のトイレ情報

ポーアイしおさい公園には、仮設と既設を合わせて計6カ所トイレが設置されます。

南北に長い公園内で間隔をあけてトイレが設置されているので、人が分散しやすいです。

しおさい公園の南側の方は、花火鑑賞の人ごみも他エリアよりゆるいので、トイレも比較的利用しやすいです。


兵庫埠頭のトイレ情報

兵庫埠頭には、既設トイレが3カ所、仮設トイレが1カ所あります。

兵庫埠頭は打上げ会場から少し離れているため、人ごみも比較的ましです。

その割にトイレ数は多いので、トイレが心配なお子さん連れの方などはこのエリアが安心ですね。


スポンサーリンク

まとめ

2017年のみなとこうべ海上花火大会は、観覧人数が30万人と予想されています。

開港150周年を記念して花火の打上げ数も多くなっているので、例年より来場する人は多くなるでしょう。

会場のトイレはどこであれ多少の列はできますので、まずは来場前に駅やショッピングエリアでトイレを済ませておくと安心ですよ。

会場では、屋台が出ている近くに仮設トイレも設置されています。

トイレの場所が分からない場合は、屋台周辺を探してみましょう。

花火大会の屋台の情報は、『2017年みなとこうべ海上花火大会の屋台の情報を先取り!営業時間と楽しみ方』をご覧くださいね。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。