琵琶湖花火大会(2017)の開催情報はコチラ!おすすめ観覧スポット一覧

毎年夏の琵琶湖で開催される「琵琶湖花火大会」

正式名称はびわ湖花火大会というだけあって、琵琶湖と豪華な花火の競演はとても見応えがあります。

こちらでは、2017年琵琶湖花火大会の開催情報と会場周辺の観覧スポットをご紹介していますよ。

スポンサーリンク
  

琵琶湖花火大会(2017)の開催情報

2017びわ湖大花火大会の開催情報は、以下のように決まりました。

日程

2017年8月8日(火) 19:30~20:30 

*荒天の場合、8月11日(金・祝)の同時刻に延期

打上げ場所

大津市浜大津 滋賀県営大津港沖の水面一帯

会場への最寄り駅

●メイン会場側(大津港、琵琶湖畔、なぎさ公園など)

JR琵琶湖線「大津駅」「膳所駅」から徒歩約15分

京阪電車「浜大津駅」から徒歩約5分


●湖西側(皇子山運動公園、皇子山陸上競技場など)

JR湖西線「大津京駅」から徒歩約10分

打上げ予定発数

約10,000発(スターマイン、3~10号玉など)

参考に去年の動画をご覧いただけます。

予想観覧人数

約35万人

問い合わせ先

びわ湖大花火大会実行委員会事務局 
TEL:077-511-1530

大会当日の開催に関する問い合わせ先 
0180-99-3339(音声案内:当日のみ10:00~20:00)

公式サイトやツイッターでも当日の開催情報を確認できます。

スポンサーリンク

琵琶湖花火大会のおすすめ観覧スポット

湖上に打上げられる美しい花火は、どこからならよく見えるのでしょうか?

会場で花火を間近に楽しみたいなら、やはり有料席を取っておくのがおすすめです。

琵琶湖花火大会の有料席は、大津港の岸に沿って設置されます。

打上げ場所からの距離はなんと400m!すごく近いですよね!!

真正面から大迫力の花火を楽しめることもあって、有料席はとても人気が高いです。

実際に有料席から花火鑑賞した人の評価も高くリピーターも多いので、例年売り切れ必至なんですよ。

琵琶湖花火大会の有料席情報2017年度版

琵琶湖花火大会の有料席は全席指定席で、ズラッとパイプイスが並べられています。

2017年は約27,000席の有料席が設置される予定です。

●発売日●

2017年7月3日~ 売り切れ次第終了

●価格●

前売り:3,900円

当日券:4,400円(前売りで売り切れている場合は当日券は販売しません)

*3歳以上は同一料金で有料


2017年6月29日追記

今年は新たに板張りの桟敷席が新設されました!

1マスが180cm × 180cm で定員は6名です。

グループでゆっくり鑑賞したい方におすすめですね。

価格は25,000円となっています。


●その他●

8日が中止の場合は11日に延期。11日も中止の場合のみ払い戻しができます。

会場内は全席禁煙です。

ペットを連れての入場はご遠慮いただいています。

●購入方法●

・びわ湖大花火大会公式サイト
・滋賀県観光物産情報センター
・チケットぴあ
・ローソンチケット
・日本旅行

などで購入することができます。


有料席の中でも特にアルファベット席がおすすめですよ。

詳細は公式サイトの有料席購入ページをご覧くださいね。

⇒ びわ湖大花火大会 公式サイト

その他の有料観覧席

琵琶湖花火大会では、公式の有料席以外にも有料の観覧スポットがあります。

それは「びわ湖大津館」です。

所在地:滋賀県大津市柳が崎5−35


打上げ会場から約1kmと近く、豪華な施設内で花火鑑賞できるのが魅力です。

優雅に食事を楽しみながらゆっくり花火鑑賞できるので、デートなどにおすすめですね。

2017年の花火鑑賞プランは以下になります。

●特別有料観覧席(2,200席)●

場所:びわ湖大津館 芝生広場の特設観覧席


価格:3,800円(当日4,300円)

*前売りで売り切れた場合は当日券の販売はありません。


発売:2017年7月1日~ びわ湖大津館フロント(9:00~19:00)にて

*7月14日からはイープラスでも一般販売開始


●お食事付きプラン●

びわ湖大津館のレストランで、限定の特別料理を食べながら花火鑑賞できます。

弁当・ワンドリンク付き(ウッドテラスにて):10,000円

前方観覧席券・特製弁当・フリードリンク付き:15,000円

前方観覧席券・コース料理・フリードリンク付き:18,000円


詳細はびわ湖大津館の公式サイトからご確認ください。

⇒ びわ湖大津館公式サイト

無料の観覧スポット


「有料席がすでに売り切れてしまった!」

「お金をかけずに花火を見たい!」

という方もご安心ください。

確かに琵琶湖花火大会は有料席での観覧がおすすめですが、無料で花火を楽しめるスポットも存在します。

早い時間からの場所取りなどは必須ですが、逆に場所さえ確保できれば、無料の観覧スポットでも花火を堪能できますよ。

会場付近の無料観覧スポットをお探しの方は

『琵琶湖花火大会(2017年)の無料観覧スポット最新版!会場付近で花火が見える場所』

を参考にしてください。


花火大会当日に車での移動を考えている方は、会場付近での観覧は避けた方が無難です。

当日の会場周辺は交通規制などで大混雑ですし、公式サイト上でも車での来場をご遠慮願うアナウンスがされています。

行きも帰りも大渋滞に巻き込まれるよりは、会場から少し離れた観覧スポットで花火を楽しむのがおすすめですよ。

車で行くことができる琵琶湖花火大会の観覧スポットについては

『琵琶湖花火大会の車で行けるおすすめスポット情報!会場に車で行く場合のアクセス方法もご紹介』

を参考にしてくださいね。

まとめ

2017年の琵琶湖花火大会の基本情報はチェックできましたか?

どの観覧スポットで見るのがベストかは、あなたの状況によって異なってきます。

有料席や無料観覧スポットの情報を吟味して、あなたにとってベストな場所を見つけてくださいね!

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。