金芽米(無洗米)の美味しい炊き方はココが大切!実体験から学んだコツをご紹介

白米を食べるのと同じ感覚で玄米のような栄養が摂れると話題の金芽米

徐々に知名度も上がってきているので、すでに利用されている方も多いのでは?

でもせっかく金芽米を買ったのに、美味しく炊けなければガッカリですよね。

私も金芽米を利用し始めた最初の頃は

・炊き上がりがべちゃべちゃしている

・芯が少し残ってしまった

など失敗した経験があります。

でも試行錯誤を繰り返し、今は毎日安定して好みの炊き上がりを再現できるようになりました。

そこでこのページでは、金芽米愛用者の筆者が実体験から学んだ金芽米の美味しい炊き方のコツをお教えします!

スポンサーリンク
  

金芽米(無洗米)の基本の炊き方

まず最初に、あなたは商品説明通りの手順で金芽米を炊いていますか?

金芽米は見た目は白米のようですが、白米とは精米方法が異なるお米です。

ですので美味しく炊きあげるには、金芽米の炊き方に従って炊く必要があります。

今まで普通の白米と同じように炊いていた方は、金芽米の基本的な炊き方(東洋ライスHPより引用)を知りましょう。

金芽米の正しい炊き方通りにやっているけど上手くいかない方は、第二章でコツをご紹介しています。

金芽米の計量

まずはお米を正確に計りましょう。

金芽米の計量には、専用の計量カップがおすすめです。

金芽米専用の計量カップでお米を計れば、水加減は炊飯器のお釜の目盛り通りにできます。

下のネットショップで金芽米を購入すると、金芽米専用の計量カップも付属されていますよ。

⇒ 金芽米・オンラインショップ

金芽米の水加減

まず最初に、金芽米は研がないでくださいね。

金芽米は無洗米なので、研ぐ必要はありません。

研いでしまうと、金芽米の栄養が詰まった金芽や亜糊粉層が取れてしまいますよ。

水加減は、使用した計量カップの種類によって違ってきます。


●金芽米専用の計量カップで計った場合

水加減は、炊飯器のお釜の目盛り通りで大丈夫です。


●無洗米専用の計量カップで計った場合

無洗米専用の計量カップというものも存在します。

それを使用した場合は、お米1カップにつき大さじ1杯の水を足してください。


●炊飯器に付属されている計量カップで計った場合

お米1カップにつき大さじ2~3杯の水を足してください。

金芽米の浸水時間

金芽米(無洗米)は、十分に浸水させましょう。

1時間程度浸水させると、美味しく炊きあがります。

金芽米の炊飯

最近の炊飯器には、色んなモードが搭載されています。

我が家の炊飯器もそうですが「金芽米モード」がある場合は、そのモードで炊飯しましょう。

金芽米が炊きあがったら

炊きあがった後は、約15分ほど蒸らしましょう。

蒸らした後は、お釜の底の方からふんわりとほぐしてくださいね。

スポンサーリンク

金芽米(無洗米)の美味しい炊き方のコツ

金芽米(無洗米)の基本の炊き方について復習しましたが、あなたはちゃんとできていましたか?

その上で、金芽米を美味しく炊きあげるコツについてご紹介しましょう。


コツ.1

自分好みの水加減を把握しましょう。

上記でご紹介した水加減は、あくまで基本の目安です。

そこから自分の好みに応じて水加減を調節すると、より美味しい金芽米が炊きあがります。


例えば私の場合は、少しかためのお米が好きです。

ですので金芽米専用の計量カップでお米を計ってから、炊飯器のお釜の目盛りより若干少なめの水加減にしています。

こんな風に、自分好みの水加減を研究してみましょう。

*水が少なすぎると、味がまずくなったり冷めたときに硬くなるので、気をつけてくださいね。


コツ.2

私の経験上こちらのコツの方が、より炊き上がりに影響すると感じています。

それは、しっかり浸水させることです。

お米の浸水時間を確保するには、炊きあげたい時間から逆算して準備する必要がありますよね?

私はついうっかり浸水時間のことを忘れていて、十分に浸水させずに炊飯してしまうことが多々ありました。

でもそうすると、炊き上がりが妙にべちゃべちゃしたりして、美味しく炊きあがらないんです。

水加減はちゃんとしていても、浸水時間が短いと上手く炊けませんでした。

第一章の金芽米の基本の炊き方でも説明しているように、夏場でも1時間は浸水した方が美味しく炊きあがります。

金芽米が美味しく炊けなくて悩んでいる場合、お米の浸水時間を見直してみましょう。

金芽米(無洗米)で炊き込みご飯を作る場合

金芽米は、炊き込みご飯にしてもとっても美味しいです。

炊き込みご飯にする場合も、やはり浸水時間は大切です。

具材と一緒に炊き込む前に、金芽米を十分なお水で浸水させておきましょう。

浸水が終わったらザルにあげて、約15分ほど水を切ってから炊き込みご飯に使用しましょう。

東洋ライスさんのHPで紹介されている炊き込みご飯のレシピによると、お米の事前の浸水時間は約15分と記載されています。

私自身は炊き込みご飯を作る際にも1時間程度浸水させてから炊いていますが、炊き上がりが変になったことはありません。

ですので金芽米で炊き込みご飯をする際の浸水時間は、15分から1時間の間であれば美味しく炊きあがるでしょう。

まとめ

金芽米(無洗米)は普通のお米と同じように炊いてしまうと、美味しく炊きあがりません。

私が実体験の上で学んだ、金芽米(無洗米)の美味しい炊き方のコツは

  • 好みの水加減を把握する
  • 1時間程度しっかり浸水させる

です。

金芽米が美味しく炊けずに悩んでいる方は、是非一度炊き方を見直してみてくださいね。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。