琵琶湖花火大会(2017年)の無料観覧スポット最新版!会場付近で花火が見える場所

琵琶湖上で盛大な花火が打上げられる琵琶湖花火大会。

約35万人の人出が予想される人気の高い花火大会です。

会場周辺では入場が規制されるエリアなどもあるので、事前に観覧スポットのリサーチをしておくことが大切!

規制事情は毎年変わるので、最新の情報をチェックすることも重要です。

このページでは、琵琶湖花火大会の会場周辺の無料観覧スポット2017年度版をご紹介しています。

スポンサーリンク
  

琵琶湖花火大会の打上げ場所はどこ?

まずは琵琶湖花火大会の基本情報や打上げ場所をチェックしましょう。

2017年の日程は?

8月8日(火) 19:30~20:30
 
*荒天の場合、8月11日(金・祝)の同時刻に延期

2017年の打上げ場所は?

例年通り琵琶湖の南端、大津港沖の水面一帯

2017年の花火は何発?

スターマインや3~10号玉を合わせて約10,000発を予定



打上げ場所から約400m南に位置する大津港一帯には、約27,000席の有料席が設置されます。

有料席エリアにはチケットを持っていないと入れないので、それ以外の場所で花火が見える場所をチェックしていきましょう。

花火が見える無料スポット一覧

打上げ会場周辺の無料観覧スポットをご紹介します。

例年は花火鑑賞できたけど今年はダメなスポットもあるので、注意してくださいね。

まずは打上げ場所の南・東南エリアから。

なぎさ公園

なぎさ公園は、琵琶湖の南岸に沿って設立されている公園です。

岸に沿って横長に広がっていて、その長さは東西約1キロになります。

打上げ場所に近いスポットなので、花火の眺めも音もバッチリ楽しめます。

公園の西端は有料席が設置されているので、無料の観覧エリアはそこから東側になります。

例年は大津市民会館周辺のエリアでも無料観覧できましたが、今年からは有料席が設置されるのでご注意ください。

なぎさ公園の無料観覧エリアは、2つのエリアに分けられます。

びわ湖ホールエリア


無料の観覧スポットですが、人気が高いので今年から入場規制がかかります。

エリア内に入場できるのは当日の14時から。

入場待ちの列は、「びわ湖ホール」の東側になります。

定員は約16,000人で、定員に達すると閉鎖されます。

去年まで無料観覧エリアだった市民会館周辺が有料席エリアになったので、今年のびわ湖ホールエリアは例年より混雑が予想されます。

良い場所を確保したい場合は、早めに現地入りして入場待ちの列に並びましょう。

におの浜エリア


なぎさ公園の東側のエリアです。

ここは一般観覧エリアなので、入場規制などはありません。

におの浜エリアは去年より東に広がったので、更にスペースが増えました。

打上げ場所からは少し離れますが、花火と夜景が一望できるという魅力があります。

混雑具合も比較的ゆるやかなので、ゆっくり花火鑑賞したい人におすすめですよ。



打上げ会場周辺の詳しい会場案内図は、琵琶湖花火大会の公式HPでご覧いただけます。

⇒ びわ湖大花火大会公式サイト 会場案内図

アル・プラザ瀬田


アル・プラザ瀬田は、打上げ場所から東南方向に位置するショッピングセンターです。

花火大会当日は屋上が無料開放され、屋台なども出ます。

打上げ会場からは離れますが、花火の全体像を見ることができます。

・子連れで人ごみを避けたい

・子どもが花火の音を恐がるけど、花火大会の雰囲気は楽しみたい

という方におすすめですよ。

駐車場の台数は少ないので、最寄りのJR瀬田駅から歩いてくる方が無難です(徒歩5分くらい)。

15時頃から場所取りに来る人もいますが、花火大会開始のちょっと前に行っても立ち見で十分楽しめるところが魅力です。

スポンサーリンク


次は打上げ場所の西側と北側のエリアです。

皇子山総合運動公園・陸上競技場


打上げ場所の西側に位置しており、約1キロほどの距離です。

少し高台になっていて打ち上げ花火はよく見えますが、湖面の花火は見えづらいです。

その分、混雑具合も比較的ゆるやかですね。

駐車場があって、例年夕方近くなっても駐車できるのが魅力です。

陸上自衛隊駐屯地


打上げ場所の北側になります。

例年夕方から基地を無料開放してくれています。

一般利用できる駐車場はないので、周辺の駅からタクシーまたはシャトルバスを利用しましょう。

京阪石山坂本線滋賀里駅からなら、徒歩10分ほどです。

今年は花火鑑賞できないスポット

琵琶湖花火大会の観覧スポットとして有名ですが、今年は観覧できなくなっているスポットもあります。

古い情報を頼って当日ガッカリすることがないよう、ご注意ください。

大津市民会館周辺

前述しましたが、去年までは有料席横の無料観覧スポットとして人気だった市民会館エリアに、今年からは有料席が設置されることになりました。

有料席エリアにはチケットがないと入れませんし、市民会館の周囲は花火観覧禁止区域になっています。

立ち止まりも禁止されているので、このエリアでの無料観覧はできません。

ボートレースびわこ(びわこ競艇場)

2015年までは琵琶湖花火大会当日だけ無料開放されており、人気の観覧スポットでした。

去年からは団体ツアー専用の観覧エリアになり、入場にはチケットが必要です。

駐車場も利用できないので、ご注意くださいね。

イオンモール草津

屋上から琵琶湖花火が鑑賞できるとして有名でしたが、2016年から花火が見える場所は当日立ち入れなくなりました。

今年は公式HP上にアナウンスが出ていませんが、去年と同様になると思われます。

まとめ

琵琶湖花火会場周辺の最新無料観覧スポットをお届けしました。

会場への行き方を知りたい方は、次の記事を読んでみてくださいね。

⇒『琵琶湖花火大会へのおすすめアクセス方法!電車と車どっちで行く?』


車で行けるスポットをお探しの方は、次の記事を参考にしてみてください。

⇒『琵琶湖花火大会の車で行けるおすすめスポット情報!会場に車で行く場合のアクセス方法もご紹介』

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。