結婚式のお呼ばれ服装で着物ってどう?友人として招待されたときのマナー

ご友人の結婚式に参列する際の服装として、着物という選択肢があります。

最近は着物を着る人が少ない傾向にありますが、招待客に着物の女性がいると結婚式の雰囲気が華やいで、やはり良い物です。

ですが着物は普段なかなか着る機会がないので

・結婚式にどんな着物を着ていけば良いか分からない

・手持ちの着物がなくて、どうしたら良いか分からない

などの疑問でお困りの方も多いのでは?

そこでこのページでは、結婚式にお呼ばれした際の着物のマナーを分かりやすくご紹介しています。

スポンサーリンク
  

結婚式のお呼ばれ服装で着物ってどう?

友人の結婚式に招待されたときに「着物を着ていってみようかな」と思いついても、少し躊躇ってしまう場合があります。

最近は着物で結婚式に参列する人が少ないことから、「着物で行って変じゃないかな?浮かないかな?」と気になってしまうんですよね。

ですが30代半ばで自分の結婚式も数多くの友人の結婚式も経験がある筆者としては

「そんな心配は一切無用です!」

と声を大にしてお伝えしたいです。


まず友人が着物で結婚式に参列することは、全然変じゃありません。

むしろ着用するのに手間がかかる着物を着ていくことで、新郎新婦の門出をきちんとお祝いしたいという気持ちがとても伝わります。

もちろん着ていくべき着物にはマナーがありますが、そんなに難しい物じゃありませんからご心配なく。

詳しい着物のマナーについては、次の章で説明しますね。


また冒頭でもお話ししましたが、和装の女性がいる結婚式は本当に華やぎます。

新婦の友人に着物を着ているゲストがいると新郎側のゲストからの印象が良くなったりするので、ご友人にも喜ばれることでしょう。

洋装より和装の方がマナーがシンプルなので、あれこれ細かいマナーを気にせずに着られるのも楽だったりします。


以上のように、大変そうに見えて実はメリットも多いのが着物です。

なので今あなたが和装か洋装で迷われているなら、私は和装をおすすめします。

特に受付や友人代表スピーチなどを任されている場合は、招待客からの注目を浴びます。

そこでビシッと着物を着こなしていると、とっても素敵で新郎新婦からも喜ばれること間違いなしですよ。

結婚式における友人の服装マナー着物編

では着物を着こなす素敵な結婚式ゲストになるために、着ていく着物のマナーを知りましょう。

結婚式の服装には、「格」というものがあります。

せっかくの和装でも、ゲストとしての格が合った着物でなければ台無しです。

あなたが結婚式に着ていくべき着物は、あなたが未婚か既婚かで変わってきます。

未婚女性の場合

まずあなたが未婚の場合は、未婚女性の第一礼装でもある「振袖」を着ることができます。

成人式で着たりするので、お手持ちの振袖がある方もいらっしゃるでしょう。

ただし結婚式に着ていく場合は、振袖の袖の長さに注意が必要です。


●大振袖

袖の長さが最も長い振袖で、成人式で着ているのはこの大振袖になります。

最も格式が高い着物ですので、花嫁が結婚披露宴で着用する場合もあります。

花嫁が振袖を着る予定の場合、ゲストは格を落として「中振袖」や「訪問着」に変更するのがマナーです。

花嫁より目立つような服装で参列するのは、マナー違反ですからね。


●中振袖

袖の長さが大振袖より短く、大振袖の次に格の高い未婚女性の礼装です。

前述したとおり、結婚式で花嫁が大振袖を着用する場合は、中振袖を着ていきましょう。

できれば事前に花嫁の着物の色を確認し、色味がかぶらないようにできるとベストです。


●小振袖

最も袖の長さが短い振袖で、気軽に礼装をしたいときに着用します。

結婚式では、特に10代の女性が着るのにおすすめです。


年齢的に振袖はちょっと・・・と感じる方は、次に紹介する「訪問着」を選んでくださいね。

既婚女性の場合

あなたが既婚の場合、準礼装である「訪問着」を着ていきましょう。

訪問着は未婚でも既婚でも着てOKなものなので、振袖以外の着物を着たい未婚女性にもおすすめです。

紋が入っている訪問着の方が格が高くなりますが、最近は紋なしの訪問着も多いので、そこまで気にしなくてもいいでしょう。

訪問着は肩、裾、袖にと繋がった模様があるのが特徴で、結婚式のゲストに相応しい華やかさがあります。


少しカジュアルな雰囲気の結婚式の場合であれば、「付下げ」という種類の着物でも良いでしょう。

訪問着より少し格が下がり、親しみやすいことから人気があります。

招待状に「平服でお越しください」と表記されている場合に着物で参列するときは、略礼装である付下げを着るのがおすすめです。



結婚式の着物というと「留袖」を思い浮かべる方もいるでしょうが、留袖は新郎新婦の親や親族が着る第一礼装です。

ゲストが新郎新婦やその親族が着るべき服装を着ていくのはマナー違反なので、気をつけてくださいね。



また着物の際は、髪型もアップスタイルで上品にまとめるのがおすすめです。

ゴテゴテした髪型よりスッと品良くまとめた方が、着物ならではの良さが引き立つでしょう。

スポンサーリンク

結婚式に招待された服装としておすすめの着物

結婚式に着ていく着物の色に、特に決まりはありません。

ですのでお手持ちの振袖や訪問着があるなら、それを第一候補にしましょう。

ゲストの着物の色にルールはありませんが、留袖とかぶる黒や花嫁衣装の色である白系の色は、控えた方がいいと言われています。

なのでお手持ちの着物がそれらの色の場合は、他の着物を着た方がいいかもですね。

最近は着物一式レンタルなどのお店も多く、値段も手頃です。

結婚式に着ていく着物を新たにお探しの場合は、レンタルショップを活用するのがおすすめですよ。


振袖と着付けに必要なアイテムが全てレンタルできます。

お値段もリーズナブルでおすすめです。



訪問着はパステルカラーの色味を選ぶと、上品な女性らしさが演出できておすすめです。

こちらのお店も、訪問着と着付けに必要な道具をフルレンタルできます。

まとめ

せっかくの友人の結婚式ですから、着物を着ていって結婚式に花を添えましょう。

ドレスだと他のゲストと雰囲気がかぶってしまったなんてこともありますが、着物であればそんな心配も無用です。

普段なかなか着る機会のない着物を、是非楽しんでくださいね。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。