インフルエンザの予防接種は授乳中でも打って大丈夫?卵アレルギーの場合は?


毎年寒くなると、インフルエンザが流行しますよね。

インフルエンザは高熱が出る恐い病気なので、予防接種による対策を考えている方も多いでしょう。

ですがママが赤ちゃんに授乳中の場合は、インフルエンザの予防接種を受けても大丈夫なんでしょうか。

母乳は血液からできているので、予防接種が何か母乳に影響しないかしら・・・

そう不安に感じるママもいらっしゃるのでは?

そこでこのページでは、インフルエンザの予防接種は授乳中に打っても大丈夫なのか解説しています。

スポンサーリンク
  

インフルエンザの予防接種は授乳中でも打って大丈夫?

インフルエンザの予防接種を受けたいけれど、授乳中なので迷っているママは多いでしょう。

なぜ不安かというと


・ワクチン接種した後に、授乳によって赤ちゃんにウイルスが移らないか

・インフルエンザワクチンによって何か母乳に影響が出ないか


という点が気になるからだと思います。


ですが結論から申しますと、授乳中のママでもインフルエンザの予防接種を受けて問題ありません。

というかむしろ授乳中のママはインフルエンザに感染すると大変なので、流行前に予防接種を受けることをおすすめします。

授乳中のママにインフルエンザ予防接種をすすめる理由は、以下のようになります。


・授乳中は不規則な睡眠などからウイルスへの抵抗力も落ち気味。なのでインフルエンザに感染するリスクが高い

・授乳中のママがインフルエンザにかかった場合、赤ちゃんにうつるリスクが高い

・子育て中のママは十分な休養が取りづらいので、インフルエンザにかかると重症化するリスクがある


赤ちゃんが生まれると、ママはどうしても睡眠不足な生活を強いられます。

不規則な生活サイクルは自己免疫に影響するため、産後に体調を崩しやすくなったと感じるママも多いでしょう。

そんな状態のママは、インフルエンザウイルスにも感染しやすいと言えます。


またママは赤ちゃんのお世話で赤ちゃんと濃厚接触するので、ママがインフルエンザにかかれば赤ちゃんにもうつる可能性大です。

まだ免疫や体力の少ない赤ちゃんは、インフルエンザに感染すると重症化するリスクが高いです。

なので赤ちゃんをインフルエンザの猛威から守るには、まずはママがインフルエンザに感染しないことが大切です。


また万が一ママがインフルエンザに感染したとしても、薬による治療は可能です。

ですが近くに頼れる家族がいないママの場合は、インフルエンザを治すためにゆっくり休むことは難しいでしょう。


以上の理由から、授乳中のママはインフルエンザの予防接種を打った方がメリットが多いです。

実際に私も2人の子供の授乳中はもちろん、ワクチン接種しました。


ですが予防接種が母乳に影響がない理由をきちんと知らなければ、心の中の不安は消えないですよね。

なのでこれから、授乳中のママがインフルエンザワクチンを打っても大丈夫な理由を詳しく見ていきましょう。

予防接種によって赤ちゃんにウイルスがうつることはある?

まず第一に、インフルエンザワクチンを打ったからといって母乳を介してウイルスが赤ちゃんに移ることはありません。

なぜなら、インフルエンザの予防接種に使われるのは不活化ワクチンだからです。


ワクチンには、「生ワクチン」と「不活化ワクチン」の2種類があります。

生ワクチンは文字通り、病原性を弱めるか無くした病原体をワクチンに使用しています。

ですが不活化ワクチンは、病原体を殺し必要な成分だけを取りだして作られたワクチンです。

なので不活化ワクチンであるインフルエンザの予防接種を受けても、体の中にインフルエンザウイルスが入ってくる訳ではないんですね。

なのでもちろん、授乳することでママから赤ちゃんへインフルエンザウイルスが移ることもありませんよ。

授乳中だから防腐剤や水銀が心配・・・

次に、インフルエンザワクチンが何か母乳に影響しないかということについて。

この不安をママが感じるのは

「インフルエンザワクチンの中には水銀を使用した防腐剤が含まれている」

ということを耳にしたからではないでしょうか。


妊娠中には、水銀を比較的多く含むマグロやメカジキなどの魚を食べ過ぎないように注意喚起されますよね。

なのでワクチンの中に水銀が含まれると聞いて、ママが不安に感じる気持ちはとても理解できます。


実際にインフルエンザワクチンの中には、防腐剤としてチメロサールという有機水銀が含まれているものもあります。

ですがそういったワクチンでも、ワクチンの中に含まれる水銀の量は極微量です。

妊娠中に少しぐらいマグロなどの魚を食べた記憶があるママもいるでしょうが、特に何も起こらなかったですよね?

ワクチンに含まれる水銀は、マグロに含まれる水銀量よりもかなり少ないです。

なので大人にも子供にも影響は無いですし、もちろん母乳に何か影響を与える心配もありません。

スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種で授乳中の赤ちゃんが卵アレルギーの場合

インフルエンザワクチンの製造過程では、鶏卵が使用されています。

なのでインフルエンザの予防接種をする際に、赤ちゃんの卵アレルギーが気になるママもいらっしゃるでしょう。

まだ授乳中の赤ちゃんであれば、どんなアレルギーを持っているか分かりませんもんね。

ママが不安に感じるのは当然です。


ですが一般的に、重度の卵アレルギーでなければインフルエンザの予防接種を打っても問題ないと考えられています。

なぜならインフルエンザワクチンに含まれる卵の成分は、極微量だからです。

なので普段からママが卵料理を食べていて、その母乳を飲んでも赤ちゃんにアレルギー反応がなければ、過度に心配する必要はないでしょう。


もし近親者に重度のアレルギーの方がいて赤ちゃんにもアレルギーの心配がある場合は、かかりつけの病院で相談してみましょう。

不安な場合は医師に直接確認するのが、ママも一番安心できるはずです。


すでに離乳食を始めていて卵アレルギーが有ることが分かっている赤ちゃんの場合も、同様にかかりつけの医師に相談してくださいね。

ママがインフルエンザの予防接種を受けた後に授乳して大丈夫か、医師に判断を仰ぎましょう。

まとめ

インフルエンザの予防接種を受ける際に、授乳中のママが気になることをまとめました。

卵アレルギーの心配がある場合は医師に相談する必要がありますが、授乳中のママがインフルエンザの予防接種を受けるメリットは大きいと私は感じます。

私も2人の子供の授乳中には予防接種を受けて、インフルエンザの猛威から逃れることができましたよ。

また子育て中の忙しいママは、普段から免疫力を高める習慣を取り入れて病気に負けない体作りを心がけることも大切です。

『免疫力を高める食べ物と飲み物とツボ!忙しいママでも続けられるものを紹介!』では私が実際に効果を感じられた免疫力アップ方法をご紹介しているので、合わせて読んでみてくださいね。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。