インフルエンザの予防接種は妊娠前に受けても大丈夫?妊娠希望者はどうするべき?




毎年寒くなると、インフルエンザが流行し始めますね。

インフルエンザ予防のために、予防接種を受けた方も多いでしょう。

ですがワクチン接種後しばらくしてから妊娠が発覚した場合、赤ちゃんに何か影響がないか気になってしまいますよね。

また妊娠希望で妊活中の女性にとっても、妊娠前や妊娠初期にインフルエンザの予防接種をして大丈夫かどうかは気になるところです。

そこでこのページでは、インフルエンザの予防接種を妊娠前や妊活中に受けても大丈夫かどうかについて解説しています。

スポンサーリンク
  

インフルエンザの予防接種を妊娠前に受けていても大丈夫?

インフルエンザの予防接種を受けた後しばらくしてから妊娠が発覚した場合、嬉しいと同時に少し心配になってしまいますよね。

赤ちゃんの命が宿る頃にインフルエンザワクチンを打ったけど大丈夫かな・・・と。

妊娠希望の女性に接種が推奨されている風疹ワクチンは、接種後2ヶ月間は避妊することがすすめられています。

ではインフルエンザワクチンに関してはどうなんでしょう?


私もそろそろ3人目を考えてもいいかなと思っている時期なので、このことについては気になっていました。

なので先日インフルエンザの予防接種を受けにいった際に、直接先生に質問してみたんです。


するとその答えは

「全く問題ありません。心配ないですよ」

とのことでした。


インフルエンザワクチンは不活化ワクチンといって、病原体を殺して必要な成分だけを取り出して作られています。

なのでインフルエンザウイルスを体内に入れるわけではなく、副作用の心配も少ないそうです。


関連記事: 『インフルエンザの予防接種による副作用の症状と期間、対処法について』


そのため妊娠中にワクチン接種しても問題なく、もちろん妊娠前後に予防接種を打ったとしても心配する必要はないということです。


また、念のため日本産婦人科学会のホームページも確認してみました。

そこには

妊婦へのインフルエンザワクチンに関しては安全性と有効性が証明されています。

としっかり記載されていました。(参照:日本産婦人科学会HP


むしろ妊娠中はインフルエンザが重症化するリスクが高いので、予防のためにインフルエンザワクチンを接種した方がメリットが大きいとも書かれていました。


実際に私も2人の子供の妊娠中に、インフルエンザの予防接種を受けています。

そして妊娠中にインフルエンザに感染することなく冬を越して、子供たちも無事に生まれてきました。


なので今まさに妊娠が分かって、この前打ったインフルエンザ予防接種のことが気になっているママは、ひとまず安心してくださいね。

インフルエンザの予防接種を妊娠前後に受けていたとしても、赤ちゃんへの影響は心配ないといえます。

もしどうしても不安がぬぐえないようであれば、妊婦健診に通っている病院の先生に思い切って相談してみましょう。

直接医師から説明を受けた方が、安心できますからね。


また予防接種の有無に関わらず、妊娠初期は流産の危険性が高い時期です。

なのでどうぞ、お体を大切に過ごされてくださいね。

スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種は妊娠希望の場合どうしたらいい?

先ほどは既に予防接種を受けた後に妊娠が分かった場合、とくに心配する必要はありませんよというお話をしました。

では、今現在妊活中で妊娠を希望している女性はどうなんでしょう?

インフルエンザの予防接種は受けた方がいいのでしょうか?


一般的にインフルエンザの予防接種は、流行り始める前の10~11月頃に接種するのがおすすめです。

ですがこれと同時期に妊活に励む予定、または妊娠しているかもしれないけど判定はまだ出来ない期間を過ごす可能性がある方は、インフルエンザの予防接種を受けるかどうか悩んでしまいますよね。


まず予防接種を受けたいけれどインフルエンザワクチンが妊娠に及ぼす影響について気になっている方は、心配する必要はありません。

第一章でもお話ししましたが、妊婦に対するインフルエンザワクチンの安全性と有効性は証明されています。
(参照:日本産婦人科学会HP

なので今まさに妊活中の方でも、インフルエンザの予防接種を受けて大丈夫です。



では次に、予防接種自体を受けるかどうか悩んでいる方の場合。


妊娠しているかどうかに関わらず、インフルエンザワクチンについては人によって意見が違いますよね。

毎年接種する方もいれば、一度も接種したことがないという方もいます。


ですが私個人としては、妊娠希望の方はインフルエンザの予防接種を受けておくことをおすすめします。

なぜなら万が一妊娠してからインフルエンザに感染した場合、それこそ大変だからです。

妊娠初期は体調が不安定な時期なので、それにインフルエンザも加わると妊婦さんの負担はとても大きいです。

また妊娠初期は薬の使用なども特に慎重になる時期なので、治すのも大変でしょう。

それならば、事前にワクチン接種して予防に努めた方が安心だと私は考えます。


また妊娠が分かってから予防接種を受けようと思っても、病院によっては受け付けていない場合もあります。

インフルエンザワクチンは妊娠中のどの時期に接種しても問題ないとされていますが、もともと流産のリスクが高い妊娠初期にはワクチン接種を行わないという方針の病院もあるからです。

なので妊娠してから予防接種を受けたいと思っても、すぐに受けられない可能性があります。

それならば、妊娠前に予防接種を打っておいた方が安心ですよね。




まとめ

妊娠前や妊娠希望中のインフルエンザ予防接種ついて、気になることをまとめました。

妊娠中はもちろんのこと、産後や子育て中も病気はママの大敵です。

なので予防接種だけでなく、普段から免疫力を上げる習慣を心がけるのも大切ですよ。

関連記事:『免疫力を高める食べ物と飲み物とツボ!忙しいママでも続けられるものを紹介!』

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。