アタオの財布を実際に買った感想!使い勝手や耐久性、経年変化をリアル報告


インターネットを見ていると、よく目に入ってくる「アタオ(ATAO)」の広告。

「一度使うと、もう他のお財布には戻れません」という印象的なキャッチフレーズから、気になっている女性も多いでしょう。

ですがアタオの長財布はお値段もそこそこするので、ネットでの購入を迷ってしまう方も多いのでは?

そこでこのページでは、実際にアタオの長財布を買った私が、実際の使い勝手や耐久性、経年変化、失敗しない購入のポイントをご紹介しています。

アタオの財布を買おうか迷っているあなたに、役立つ情報をお届けしていますよ!

スポンサーリンク
  

アタオの財布を買った感想

まず最初に

私はアタオの財布とっても気に入っています!

広告のキャッチコピーじゃないですが、次買い換えるときもアタオの財布を買うつもりです。

なので今あなたがアタオの財布を買おうか迷っていなら

「おすすめだから買った方がいいですよ!」

と言いたいところ で・す・が

お財布に求めるものって人それぞれですよね。

なのであなたがお財布に求めるものと私がアタオの財布を気に入っているポイントが同じとは限りません。


なのでここではまず、私がアタオの長財布で一番気に入っているポイントをご紹介しますね。


私がアタオの財布で一番気に入っているところ。

それは、薄さと柔らかさ です!

特に薄くてバッグの中でもかさばらないところは、本当に優秀です。

今現在、私のお財布にはお札と小銭とカード類(免許証類やクレジットカードやポイントカードなどなど・・・)41枚が入っていますが

それでもお財布の厚さはこんなもんです。



それに手触りが柔らかいので、とにかく手に馴染みます。

私が出会ってきた長財布の中で、収容力と薄さはアタオの財布がピカイチです。


というのもですね、実は私、もともとは長財布が苦手だったんです。

(あ、ここからしばらく私の過去の話になるので、興味ない方はスルーしてくださいw)

二つ折りの財布より長財布の方がオシャレに見えるので、何度かチャレンジしてみたことはあったんですよ。

だけど長財布って、どうにもこうにもかさばりますよね。

小さめのバッグだと長財布を入れただけでいっぱいになってしまうし、かさばる割に使い勝手もそんなに良くなくて・・・

結局もとの二つ折り財布に戻るという経験が、数回ありました。

そして気付けば、学生の頃から愛用していた二つ折り財布のまま10年近く経ってしまったんです。

10年間頑張ってくれた二つ折り財布は、人前で見せるには流石に恥ずかしいくらいボロボロになっていました。

そこで「新しいお財布を買わねば!」となったわけですが、私の現状は田舎在住でオシャレな財布を売っているようなお店は近くにはありません。

そこで目に付いたのがアタオの長財布だったんです。

ネットしていると、時にはうざいほど目に入ってくるアタオの広告。

口コミを見てみると評価は高そうだけど、今まで散々長財布で失敗してきた私はネットで購入するのはどうしても躊躇ってしまって・・・

アタオの財布は3万円前後するので、商品が届いたら期待外れだった・・・なんて事態はどうしても避けたかったんです。


でもどうしてもアタオの財布が気になった私は、2時間かけて行ったんです!神戸にあるアタオのお店に。

あ、ちなみにアタオの本店は神戸にあるんですよ。


で、そこでアタオの実物をいろいろ実際に見て、薄さや手触りも確認した上で、私はリモルアンのアプリコットピンクを購入しました。


今まで散々長財布選びを失敗してきたので、アタオの長財布の使いやすさには本当に感心しています。

スリムな長財布をお探しの方には、アタオのお財布は自信を持っておすすめ出来ますよ!

スポンサーリンク

アタオの財布の使い勝手は?

次に、実際にアタオのお財布を使ってみて、使い心地はどうだったかについてご紹介します。

ネットで商品の説明を見たときに、一番気になるのは小銭入れの部分かと思います。

ファスナー付いてないって、本当に大丈夫なのか??

これは私も、使い始めるまで不安要素でした。

でも実際に使い始めると、驚くくらい使いやすかったです。

小銭がお財布の中で散らばったりすることはもちろんありませんし、紙幣も小銭も一度に確認できるのは思った以上に便利でした。

レジでお財布の中を一気に確認できるので、割引券などの使い忘れも減りましたね。


ただ一つだけ困ったことが。

それは、ファスナーを開けた状態で床に落としてしまったときに、中身が飛び散りやすいところです。

まぁそんなことをするドジな人もあまりいないでしょうが、私は数回あります。

お札スペースも小銭入れもフリースペースもオープンなので、ひとつファスナーを開けた状態で落とすと小銭もお札もカード類も出てきます(^_^;)

それをお店や外でやってしまうとけっこう焦るので、ご注意くださいね。



アタオの財布の耐久性は?

私はリモルアンを使い始めて約2年になりますが、今のところまだまだ使えそうです。

我が家は小さい子供たちがお財布で遊ぶのが好きなので、よく私のアタオもいつのまにか中身が出されていますw

そんな過酷な使用環境にありますが、縫製のほつれやチャックの不具合などもなく、今でも問題なく使えています。

リモルアンはエナメルレザーで表面がツルッとしているので、他のものより汚れが付きにくい気がしますよ。

アタオの財布の経年変化は?

先ほどの耐久性にも繋がりますが、私がリモルアンを使い始めて一年後と二年後の状態をご紹介しますね。

一年後


二年後


使用年数が経つにつれて、表面の黒ずみなどはどうしても付いてきてしまいますね。

その分全体のクタッと感も増してくるので、使えば使うほど柔らかさや手に持ったときの馴染みやすさも増してきています。


アタオの財布の中では、リモパイソンが『育てる楽しみ』があるとして有名ですね。

パイソンレザーは使うほどに味わいが増していくので、一つの財布を長く使いたい方はパイソンレザーを要チェックですよ。

アタオの財布の購入はネット?それとも店舗?

アタオのお財布を買いたい場合、店舗かネットでの購入となります。


まず店舗で買うメリットは、やはり実物を確認できる点でしょう。

私自身は大丸神戸店で購入しました。

その際に、ネットで見たのと同じだと思う種類もあれば、ネットで見た印象と少し異なるなと感じたものもありました。

また同じ種類の中でも、レザーは模様が異なったりします。

私がリモルアンを買ったときも、在庫にあった2つを見比べて、レザーの模様が気に入った方を購入しました。

なので見た目を重要視している方は、できれば実物を確認してから買った方が安心ですね。


またネットでの購入は、すぐに商品が手に入らないという難点もあります。

アタオのお財布の人気が高いが故ですが、ネット購入では数ヶ月待つこともあり得ます。


ですが問題なのは、アタオの店舗はとても少ないということです。


アタオの店舗一覧はコチラ


都心や関西圏に住んでいる方はお店まで足を運ぶことも可能ですが、それが無理な方も大勢いらっしゃるでしょう。

その場合はネットでの購入しか手はないわけですが、届いた商品が思っていたのと違ってガッカリというのは避けたいところです。

なので私が実物を見た範囲で、ネットと実物の印象の違いについてご紹介しておきますね。


まず私が購入したリモルアンについて。

こちらは比較的、ネットと実物の差が少ないように思いました。


実物の色味もとてもキレイで、けっこう長い時間どの色にしようか迷ってしまった覚えがあります。

エナメルレザーが可愛い印象なので、20代の若い女性が持っても素敵だと思いますよ。


リモパイソンは、単色のものなら比較的ネットと実物の差が少なかったです。

ただパイソンレザーは一つ一つの模様の違いで印象が変わるので、その点には注意が必要です。

でも私がお店で見た限りでは、レザーの印象は違えどどれも素敵に見えましたよ。

パイソンシリーズの中でもアニバーサリー作品のルークは、ネットより実物の方がマットな質感に感じました。


実は私は最初ルークのネイビーを狙ってお店まで足を運んだのですが、思っていたほど光沢感がなく、どちらかというとシックな印象を受けました。

それはそれで素敵だったのですが、30歳になったばかりの女性が持つにはすこし大人っぽ過ぎるかなと感じて、ルアンを選んだんですよね。

なのでパイソンメッシュのルークは、大人っぽい財布をお探しの方におすすめですよ。


アタオのお財布といえば、ステンドグラスをイメージしたリモヴィトロも有名ですね。


こちらは光の当たり具合でけっこう印象が変わるので、もしかしたら商品が届いて「アレっ?」と感じる場合もあるかもしれません。

またモザイクの並びかたや大きさなども、一つ一つ異なります。

なのでリモヴィトロが気になっている場合は商品画像だけでなく、リモヴィトロで画像検索して実物のイメージをつかんでおくといいでしょう。

商品画像そのままのものじゃなきゃ嫌だと感じる場合は、リモヴィトロのネット購入は避けた方が無難かもしれませんね。

まとめ

ネット広告でよく見かけるアタオの財布の感想をお届けしました。

私は実際に自分で使ってみて、アタオの財布の使いやすさは本当に絶妙だと感じていますよ。

ネットでの購入に不安を感じる場合は、事前に画像検索で実物の財布をいろいろ見ておくのがおすすめです。

あなたの買い物が後悔のないものになるよう、私の情報がお役に立てば嬉しいです。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。