縮毛矯正を美容室で失敗されないために!値段の相場と選び方を知ろう

縮毛矯正とは、縮毛や強いくせもサラサラのストレートにしてくれる施術です。

ですので普段から縮毛で悩んでいる方は、縮毛矯正をかけることを検討する方が多いと思います。

また普段は縮毛矯正かけるほどではないけど、梅雨などの時期は髪のうねりや広がりが気になるという理由で縮毛矯正を検討される方も多いようですね。

でもそこで一つ悩んでしまうのが、縮毛矯正をかける美容室の選び方。

ネットの掲示板をのぞくと失敗談などもチラホラみかけるので、どうやって縮毛矯正の上手なお店を選んだらいいのか悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。

私自身は頑固な縮毛で髪の根元のうねりも強いので、縮毛矯正とは20年以上の付き合いになります。

小学4年生の頃に初めて縮毛矯正をかけて以来、思い出しきれないくらい様々な美容室で縮毛矯正をかけてきました。

その経験の中で感じたことは、やはりそれぞれの美容室や担当してくれた美容師さんによって技術や腕前はけっこう差があるということ。

ですが私自身は、ネットのお悩み相談などで見かける手ひどい縮毛矯正の失敗はされたことがありません。

それは私が美容室選びに慎重であることと、普段から髪のケアを気にかけているおかげだと、自分では考えています。

そこで今日は、美容室で縮毛矯正を失敗されたことがない筆者が、縮毛矯正で失敗されない美容室選びのコツをご紹介します。

スポンサーリンク
  

縮毛矯正を美容室で失敗されるとどうなるの?

まずは縮毛矯正において美容室選びがどうして大切なのかを理解するために、美容室で縮毛矯正を失敗された場合どうなるかということを知りましょう。

縮毛矯正の失敗において一番避けたいのは、「ビビリ毛」になってしまうことです。

ビビリ毛とは、縮毛矯正をかけた後に髪がストレートになるどころか、施術前よりひどいチリチリやバサバサの状態になってしまった髪のことです。

ビビリ毛になる原因は主に薬剤の浸透させすぎやアイロンでの負荷のかけ過ぎなどで、つまりは美容師によるミスによって引き起こされます。

この現象は、縮毛矯正やデジタルパーマの施術で多いとされています。

なぜ縮毛矯正でビビリ毛になってしまうことが多いかというと

1 縮毛矯正は高度な技術が必要とされる施術であること

2 縮毛矯正は髪に対する負担が大きい施術であること

が原因としてあげられます。

まず 1 の原因について。

縮毛によるくせは個人によって様々です。

縮毛矯正をかける美容師さんは、その個人の縮毛レベルに合わせて薬剤の調合をしたり浸透時間を計算していかなければなりません。

ですので縮毛矯正の施術経験が多い美容室や美容師さんは、それだけ技術のレベルも高いだろうということが予想されますね。

逆に普段はあまり縮毛矯正の施術をしない美容師さんであれば、失敗する可能性は高まるだろうと考えられます。

次に 2 の原因について。

ビビリ毛は、髪が縮毛矯正の施術の負担に耐えきれず、薬剤やアイロンの効果がオーバーワークしてしまうことで起こります。

つまり元々髪のダメージがある場合、ビビリ毛を引き起こす可能性は高まるということです。

縮毛で悩んでいる方の場合、定期的に縮毛矯正をかけている方も多いですよね。

縮毛矯正を繰り返しているということは、それだけ髪にダメージが蓄積している可能性があります。

またカラーリングやパーマを頻繁にしている場合も、髪へのダメージが心配されますよね。

そういったダメージが蓄積している髪において、経験の浅い美容師による縮毛矯正の施術を受けると、ビビリ毛になってしまう可能性が高まると考えられます。

縮毛矯正における失敗談では、「縮毛矯正が上手くかからず髪のくせがすぐに戻ってしまった」というケースもあります。

縮毛矯正はお値段が高い施術ですから、せっかくかけたのに思い通りのヘアスタイルにならなかったら悔しいですよね。

ですがこのケースの失敗では、その後いくらでも悩みを解決する方法があります。

ですがビビリ毛になってしまった場合、基本的に髪を元に戻す方法はありません。

ビビリ毛になってしまった部分をカットして新しく髪の毛が伸びるのを待つというのが、一番の解決策です。

ビビリ毛を修復する方法などもネットでは見つかりますが、多大な労力を必要とする上、どんなに努力してもビビリ毛になってしまった髪の毛が完全に元通りに蘇ることはありません。

ですので縮毛矯正をかける場合は、ビビリ毛になるという最悪の失敗を避けることが大切です。

縮毛矯正をかける美容室は値段で選ぶ?

ビビリ毛になるリスクが低い美容室を選ぶには、何を基準にしたらいいのか。

そこでまず思い浮かぶのは、施術の値段だと思います。

安いところよりは高い美容室の方が、なんとなく失敗しなさそうな気がしますよね。

まず縮毛矯正の一般的な相場ですが、だいたい10000~25000円くらいの間です。

髪の長さやトリートメントの有無、施術にカットを含むかどうかなどで値段は変わってきますが、概ね上記の値段くらいで施術できる美容室が多いです。

では相場より安い美容院ではビビリ毛になる可能性が高まるのかというと、必ずしもそうとは言えません。

私自身も10000円以下の施術を受けたことはありますが、ビビリ毛にはなりませんでした。

でも値段が安いということは何かそれなりの理由があるということで、サービス全体の質が低かったり、施術にカットやトリートメントを含んでおらず、それらを追加すると結局は相場と同じ値段になるという場合もあります。

その美容院が縮毛矯正の施術実績が多い上で値段も安いのか、それとも縮毛矯正を施術することは滅多にないのかでも結果は変わってくると思います。

では逆に、相場より高い美容室なら絶対に安心なのか。

これについては、私自身がそんなに高額な施術を受けたことがないのであくまで予想になりますが、高い施術だからといって絶対に安心ということはないと思います。

私は一般的な相場価格の縮毛矯正をかける場合がほとんどですが、それで十二分に縮毛矯正の効果を実感しています。

ですので相場以上の値段設定になっている施術には、縮毛矯正自体にかかる料金というよりも、より高価なトリートメントやカットの指名料金など、その他のサービス全体による料金アップがなされているんではないかと思います。

もちろん高価なトリートメントをしたり上質なサービスを受けることは、髪のダメージの軽減やリラックスに繋がるのでいいですよね。

私も高価な美容室でリッチな施術を受けてみたいと憧れます。

ですが高価な施術は誰もが受けられる訳ではないのも現実でして、一般的な相場より値段がお高い美容室において縮毛矯正の施術実績が他のお店より多いかというとどうなんでしょう・・・

と庶民の私は考えたりしてしまいます(笑)。

そして結局私が言いたいことは、縮毛矯正の失敗を避けるためには値段よりも縮毛矯正の経験が豊富な美容室もしくは美容師さんに施術してもらうのが一番安全だということです。

そして私の経験上、一般的な相場価格での縮毛矯正をかけ続けていますがビビリ毛になったことは一度もありません。

ですので縮毛矯正の美容室選びが不安な方は、まずは相場の値段で施術してくれる美容室の中から探しましょう。

スポンサーリンク

縮毛矯正をかける美容室の選び方のすすめ

前述の内容を踏まえた上で、具体的な美容室選びのコツをご紹介していきます。

縮毛矯正を売りにしている美容室を探そう

美容室探しをする場合、多くの方がネット検索で探されると思います。

ですのでまずは気になった美容室のHPなどを見て、そのお店の売りが何であるかを確認しましょう。

縮毛矯正を大々的に宣伝しているなら、少なくとも縮毛矯正の施術実績は多い可能性があります。

今の時代口コミなども一気に広まるので、誇大広告で繁盛できるほど甘くはないはずです。

口コミなども確認して、気になる美容室の縮毛矯正の評判を確認しましょう。

縮毛矯正に熟練した美容師に担当してもらう

私は20年以上縮毛矯正をかけ続けていますが、ビビリ毛になった経験はありません。

ですのでネット上で縮毛矯正の評判がある程度良い美容室なら、そうそう失敗される可能性は低いと思います。

ですがもう少し念を入れたい方は、そのお店の中でも縮毛矯正に熟練した美容師さんに施術を担当してもらいましょう。

お店にもよりますが、美容室では担当者を指名できる場合も多いです。

事前にHPのスタッフ紹介で縮毛矯正の施術経験が豊富そうな美容師さんの目星をつけてもいいですし、それで分からなそうなら電話予約の際に相談してみましょう。

スケジュールさえ合えば、希望の美容師さんに担当してもらえると思いますよ。

そして実際に施術してもらう際は、担当の美容師さんが自分の髪の状態をしっかりチェックしてくれているかどうか見ていてくださいね。

これをきちんとやってくれる美容師さんは、縮毛矯正の腕前もしっかりある方だと思います。

縮毛矯正をかける美容室はコロコロ変えない

満足のいく施術をしてくれた美容室に出会えたなら、次からもそのお店で縮毛矯正をかけましょう。

同じ縮毛矯正という施術でも、美容室によって使用している薬剤の種類は違います。

いろんなお店を転々としていると、前回と今回の施術に使った薬剤の相性が悪い場合も発生します。

そうなるとビビリ毛を引き起こすリスクが高まります。

また同じ美容室で施術してもらうことで、担当美容師さんも自分の髪の状態をよく把握してくれます。

前回の施術での仕上がりと期間が経過した状態を見てもらうことで、次は更に自分の髪に適した施術をしてもえらえます。

もし髪のダメージが蓄積しているようなら、今の状態にあった施術のアドバイスももらえるでしょう。

その結果、縮毛矯正の効果も高まりますし、健やかな髪を維持することにも繋がります。

まとめ

私の経験上、縮毛矯正における最大の失敗であるビビリ毛は、そう高い確率で起こるトラブルではありません。

ですので過度に心配する必要はないでしょう。

しかしビビリ毛になってから後悔しても遅いというのも事実です。

ですのでご紹介した美容室選びのコツを参考に、あなたに合った美容室を見つけてくださいね。

またビビリ毛になる原因には、前述のとおり髪のダメージも関係しています。

日頃から髪の毛のケアをきちんと行うことで、縮毛矯正において失敗する可能性も低くすることが出来ます。

健やかな髪を保つためのケアについては、『縮毛矯正した髪にトリートメントは必要?その効果とおすすめを紹介』も合わせて読んでみてくださいね。

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。