子供の病気

子供の病気

インフルエンザの予防接種による副作用の症状と期間、対処法について

冬になると流行する病気のひとつに、インフルエンザがあります。 インフルエンザは発症すると高熱が出ますし仕事や学校を一定期間休む必要があるので、できれば感染したくないですよね。 また子供や高齢者などの免疫力が低い人は、重症化する危険がある恐い病気でもあります。 そんなインフルエンザへの感染を防ぐ手段として、予防接種を受けようと考えている方も多いのでは? ですがインフルエンザの予防接種には副作用があると聞いて、ワクチン接種を迷っている方もいらっしゃるでしょう。 私も自分の子供に初めてインフルエンザの予防接種を受けさせたときは、副作用について随分心配したものです。 ですが予防接種の副作用は、きちんと知れば過度に心配するものではないと分かります。 そこでこのページでは、気になるインフルエンザ予防接種による副作用の症状、期間、対処法についてご紹介していますよ。
子供の病気

赤ちゃんにインフルエンザ予防接種は本当に必要なのか?料金や時期は?

最近は季節の移り変わりが激しくて、ついこの間まで暑いと思っていたのに、急に肌寒い気候になったりします。 毎日の気温の変化が大きいと、体調管理も難しいですよね。 そんな季節になると気になるのが、毎年冬に流行するインフルエンザ。 感染すると高熱が出ることから、この時期になると予防接種を受けた方が良いのか迷いますよね。 特に赤ちゃんがいるママにとって、赤ちゃんにインフルエンザの予防接種を受けさせるべきなのかどうかは悩みどころでしょう。 そこでこのページでは、2人のママの筆者の経験談も交えながら赤ちゃんのインフルエンザ予防接種の必要性について解説しています。 受ける場合の料金や時期についてもご紹介していますよ。
子供の病気

子どもが薬を嫌がる場合どうする?我が家の飲ませ方と抗生物質の注意点

子どもが病気になった場合に、多くのお母さんが頭を悩ませる問題。 そう、それは子どもが薬を嫌がって飲まないと言うこと。 早く体調が良くなるためにも薬を飲んでほしいのに、薬を飲ませようと思ったら大暴れ。 薬を嫌がる子ども、特に幼児期の子どもに薬を飲ませるのは大変です。 体調を良くするための薬のはずなのに、薬を飲ませる度に大泣きで逆に子どもの体力を奪ってしまっているような気がしたり・・・ なかなか子どもが薬を飲んでくれないことにイライラしてしまって、後で自己嫌悪に陥ったり・・・ 子どもに薬を飲ませることにストレスや悩みを感じているお母さんも多いのではないでしょうか。 そこで今日は、4歳と2歳の子どものいる筆者が、自分の子どもに薬を飲ませる経験を通して学んだことについてまとめます。
子供の病気

子どもの尿路感染症の原因とは。入院はするの?繰り返す場合は?

尿路感染症という病気をご存じですか? 私の娘が1歳の頃、高熱が3日以上続いたことがありました。 このときに尿路感染症と診断され、初めてこの病名を知りました。 でも実はこの尿路感染症、意外と身近な病気なんですよね。 尿道が短い女性の方がかかりやすい病で、よく聞く膀胱炎もこの尿路感染症に含まれるそうです。 そして子どもの原因不明の高熱が3日以上続く場合は、尿路感染症にかかっている場合も多いそうです。 そこで今日は、私の娘が尿路感染症になった実体験を通して、尿路感染症の原因から治療についてまとめます。
子供の病気

幼児の熱が下がらないまま3日以上は注意!風邪以外の原因の可能性について

こんな経験、あなたもありませんか? 子供が急に熱をだして病院を受診したら、「おそらく風邪でしょうから安静にして数日様子を見ましょう」と診断された。 病院で言われたとおりに、熱が高くて辛そうな時は処方された解熱剤を服用しつつ家で安静にしてみた。 だけどなかなか子供の熱が下がらず、発熱してから3日以上も熱が続いている。 本当に風邪なのかな?他の病気だったりしないのかな?とだんだん不安になってきた・・・ 子供が熱を出すと心配ですよね。 特にそれがまだ上手く言葉の話せない幼児期だと、詳しい症状が分からないので余計に心配になります。 風邪だと思っていた幼い我が子の熱が下がらない場合、もう一度病院を受診した方がいいのか迷ってしまうお母さんも多いのではないでしょうか。 私の娘も1歳の頃に高熱が3日以上さがらなくて、とても不安な思いをした経験があります。 そして病院を再受診した結果、高熱が下がらなかった原因は実は風邪以外の病気であったことが判明しました。 そこで今日は、私の1歳の娘が熱が下がらなかった実体験を元に、3日以上熱が下がらない場合の子供の病気についてまとめます。 いま私と同じように子供の熱が下がらずに不安を感じているお母さんは、参考にしてみてくださいね。
子供の病気

オスグッド病と成長痛の違いは何?病気の治療と予防方法

あなたはオスグッド病という言葉を今まで知っていましたか? 私は、先日4歳の息子が急に足が痛いと言い出して、その原因を調べる中で初めて知りました。 4歳の息子の足の痛みは、結局成長痛という診断が下りました。 でもこのオスグッド病。 症状を知ると、息子がもう少し大きくなったら発症する可能性がけっこう高いなと感じました。 なぜならこのオスグッド病という病は、主に10代の成長期にスポーツを盛んに行っている子どもに多く発生するからです。 成長期に多く発生することから、いわゆる成長痛と勘違いされやすいオスグッド病。 しかし成長痛と違ってオスグッド病は、そのうち勝手に治るものではありません。 オスグッド病について学んで、スポーツに一生懸命に取り組む子どもが痛みに苦しまないようにケアしてあげましょう。
子供の病気

子どもの骨肉腫の症状と原因とは?肺転移の可能性にも注意

先日、私の4歳になる息子が急に足の痛みを訴えると言うことがありました。 そのときの私は、いわゆる成長痛の可能性が高いなとは思いつつも 「もし骨肉腫とかの重篤な病気だったらどうしよう・・・」 という考えも脳裏に浮かびました。 でもよくよく考えると、骨肉腫という言葉は知っているものの、骨肉腫の症状や原因については詳しく知らないということに気づきました。 骨肉腫がどういった病気なのか知らなければ、自分の子どもの症状が骨肉腫に当てはまるのかどうかも分かりませんよね。 ということで、私の息子が急に足が痛いと訴えだした体験を通して学んだ、子どもの骨肉腫という病気についてまとめます。
子供の病気

子供の成長痛とはいったい何なのか?その症状と対処法について

子供が急に足が痛いと言い出すことってありませんか? そういった場合にまず一番に思いつくのは、成長痛という言葉。 成長痛ならそのうち自然に治るだろう・・・ とは思いつつも、子供が痛がって泣いたり眠れないでいたら心配になるのが親心。 「成長痛って、こんなに泣くほど痛がるものなんだろうか?」 「本当にそのまま放っておいてもいいんだろうか?」 「もしかして何かの病気だったらどうしよう・・・」 足を痛がる子供をみて、そんな不安が心をよぎるお母さんも多いのではないでしょうか? 実は私の4歳の息子にも、ちょっと前に成長痛と思われる足の痛みが現れました。 そのときの経験を通して学んだ成長痛についての知識を、ここではまとめています。 あ! もし今まさにお子さんが足を痛がっているのなら、お子さんの痛がっている部位を手で優しくさすってあげながら続きを読んでくださいね。 痛む部位を優しくマッサージしてあげることが、今あなたができる一番の対処法です。 それでは 子供の成長痛とはいったい何なのかということを理解して、足を痛がっているお子さんを少しでも楽にしてあげましょう!
子供の病気

子供の足が痛いのは成長痛?その対処法と風邪との意外な関係

毎日の子育ての中で、「こういう場合どうしたらいいんだろう?」と頭を悩ませる場面って多いですよね。 特に子供が不意に体調不良を訴えてきた場合は、つらそうな子供が可哀相な気持ちと対処法が分からず焦る気持ちで、パニックに陥ってしまうお母さんも多いと思います。 ただいま4歳と1歳の子供を育てている私にも、つい先日そんな出来事が起こりました。
タイトルとURLをコピーしました