カブトムシ

生き物の飼い方

カブトムシの幼虫が蛹に土の上でなったり、蛹室を壊した場合の対処法

カブトムシの幼虫を飼育している課程では、様々なトラブルが発生します。 その中で特に注意したいのが、幼虫が蛹になる時期です。 この時期のトラブルの対応を間違えると、せっかく蛹にまでなったカブトムシが無事に羽化できないかもしれません。 逆に言えば、何かあってもきちんと対処すれば、カブトムシは成虫になれます! ここでは、カブトムシが蛹の時期にありがちな2パターンのトラブルについて、対処法を紹介しています。
生き物の飼い方

カブトムシの幼虫が土の上に出てくる時の対処法を分かりやすくご紹介

カブトムシの幼虫を飼育していると、なぜか幼虫が土の上に出てきてしまうことがあります。 土の上に出てきた幼虫がなかなか潜らないと、このまま弱ってしまうのでは?と不安になりますよね。 私は子どもと一緒にカブトムシ飼育をしているので、 「子どもが成長を楽しみにしているカブトムシの幼虫がこのまま死んでしまったらどうしよう(汗)」 と、初心者の頃はかなり焦りました。 ですがそこで正しい対処をすることで、それから毎年無事に成虫を羽化させています。 そんな経験を活かして、このページではカブトムシの幼虫が土の上に出てきてしまう時の対処法を、初心者の方でも分かりやすく説明しています。
生き物の飼い方

カブトムシの幼虫はケースに何匹入れるのが良い?容器の大きさと土の量について

カブトムシの幼虫を初めて飼育する時って、分からないことばかりですよね。 私も子どもと一緒にカブトムシを飼い始めた頃は、分からないことばかりで試行錯誤しました。 特にどれくらいの大きさの飼育ケースに何匹の幼虫を飼って良いのかは、ネットで出てくる情報もマチマチで悩んだものです。 そこでこのページでは、カブトムシの幼虫飼育を3年続けてきた経験に基づいて、カブトムシの幼虫を飼育する容器や土の量についてご説明しています。
生き物の飼い方

カブトムシの幼虫の飼育方法|必要なものと注意すること

子どもの夏休み中にカブトムシをつがいで飼い始めたご家庭では、そろそろメスが産卵して幼虫が生まれる頃でしょう。 カブトムシの卵も幼虫も初めて見るお母さんは、これからどうしたものかと頭を悩ませているのでは? ここではそんなママのために、カブトムシ飼育歴3年の主婦がカブトムシの幼虫の飼育方法をお教えしています。 幼虫がちょっと苦手という方のために幼虫の写真は載せていませんので、安心して読み進めてください。 今カブトムシの卵を発見した段階の方は 『カブトムシが卵を産んだらどうする?|孵化させる方法と育て方』 から読み進めてくださいね。
子供の教育

カブトムシの観察日記の上手な書き方|自由研究のまとめ方

子どもの夏休みの自由研究のテーマに、カブトムシの観察は最適です。 虫好きな子どもにとって、カブトムシは魅力的な虫の代表ですからね! でも観察日記をいざ子どもが書こうとすると、意外と何を書いたらいいか分からなくて困っていませんか? そこでこのページでは、カブトムシの観察日記の書き方と自由研究としてのまとめ方をご紹介しています。 観察日記の書き方が分からなくて子どもがやる気を無くしてしまう前に、この記事を活用してママやパパからアドバイスしてあげてくださいね!
生き物の飼い方

カブトムシが卵を産んだらどうする?|孵化させる方法と育て方

夏の間に、子どもにリクエストされてカブトムシの飼育を始めたご家庭も多いことでしょう。 カブトムシのオスとメスをペアで飼っていると、ほとんどの場合メスが産卵します。 土の中や表面に小さな白い卵のようなものを発見して、どうしたらいいか迷っている方も多いのでは? そこでこのページでは、カブトムシが卵を産んだらどうしたらいいか、孵化させる方法、卵の育て方についてご紹介しています。 子どもと一緒にカブトムシ飼育を始めて3年目の主婦が、初心者の方にも分かりやすく説明していますよ!
生き物の飼い方

カブトムシのケースにコバエが大量発生したときの駆除と対策について

カブトムシを飼育していると誰もが経験するのが、飼育ケース内でのコバエの大量発生です。 ケース内でうじゃうじゃ飛び回っているのも嫌ですし、蓋のすき間から出てきて部屋中を飛び回られるのも不快ですよね。 コバエの発生は放っておいたら悪化する一方なので、対策が必要です。 そこでこのページでは、カブトムシケースにコバエが大量発生した場合の対処法を説明しています。 カブトムシ飼育歴3年目の主婦が、実体験に基づいてご紹介していきますよ。
生き物の飼い方

カブトムシ(成虫)の飼育に必要なもの。基本の飼育方法と便利グッズをご紹介

夏の虫といえばカブトムシ! 子ども、特に男の子はカブトムシ大好きですよね。 なので ・子どもの夏休みの自由研究のため ・お店でカブトムシが販売されているのを見て子どもが欲しがった ・自然が多い地域だと子どもが自分で捕まえてきたり なんかの理由で、カブトムシを飼い始めるご家庭も多いことでしょう。 でも「カブトムシってどうやって飼えばいいの?」と、ちょっと困っているママさんも多いのでは? そこでこのページでは、カブトムシの成虫の飼育に必要なものや基本の飼育方法、あると便利なグッズなどをご紹介しています。 私自身も3年前に息子にせがまれてカブトムシを飼い始めた頃は、どうしたらいいか分からないことばかりでした。 ですが試行錯誤を重ねながらも産卵・孵化・幼虫飼育・羽化に成功し、今年で3代目のカブトムシを今まさに飼育中です。 そんなリアルな体験から、カブトムシ飼育における注意点なんかもご紹介していきますね。
子供の教育

自由研究(小学1年生~2年生)はカブトムシ観察がおすすめ!書き方とテーマ実例も紹介してます。

子どもの夏休みの宿題で大変なのが、自由研究ですよね。 特に小学1年生や2年生のときは、子どもの力だけで自由研究の宿題をするのは難しいでしょう。 でも親が手伝うとしても、やっぱり子どもにも興味を持って取り組んで欲しい! そんな場合におすすめなのが、カブトムシの飼育です。 虫が好きな子どもにとって、カブトムシはとても魅力的な生き物です。 カブトムシを飼育すれば夏休みの自由研究もできるし、「生き物を飼う」という経験も学ぶことができます。 このページでは1日でできる観察テーマなども紹介しているので、夏休みが残り少ない場合も安心ですよ。
タイトルとURLをコピーしました