マナー

葬儀・喪中のマナー

喪中はがきの身内の範囲は?出す時期は?出す相手は?基本のマナーを解説

冬の気配が色濃くなってくると、年末年始のことが気になってきますね。 この一年に身内の方に不幸があった場合は、喪中はがきの準備に取りかかる頃でしょう。 ですがいざ喪中はがきを出す立場になると、正しいマナーがよく分からず迷ってしまいますよね。 そこでこのページでは、喪中に当たる身内の範囲や喪中はがきを出す時期、出す相手の範囲など、喪中はがきの基本的なマナーについて解説しています。 喪中はがきの手配においてまだ心が痛む方もいらっしゃるでしょうが、送り先の方に失礼の無いよう頑張って準備されてくださいね。
生活の知恵

新築祝いのお返しに内祝いは必要ない?兄弟から上司に友人までパターン別にご紹介

人生の大イベントのひとつであるマイホームの購入。 新しく家を建てたり購入したりすると、「新築祝い」を頂くことも多いです。 では新築祝いのお返しって、どうしたらいいのでしょうか? 一般的に何かお祝いを頂いた場合、お返しに内祝いを贈ります。 でも新築祝いの場合は、お返しはいらないなんて話も耳にしますよね? そこでこのページでは、新築祝いのお返しは必要なのかどうかから、親や兄弟、親戚、上司、友人までパターン別にお返しのマナーをご紹介します。
季節行事のマナー

お中元は喪中の場合どうしたらいいの?のし等のマナーの基本をご紹介

今年もお中元の季節が近づいてきましたね。 そろそろ手配の準備を始めようと送り先を確認している中で気になるのが 「そういえばあの方は喪中だけど、お中元って送っていいのかしら??」 ということ。 お中元をやり取りするほど仲の良い関係の方ですから、失礼のないよう対応したいですよね。 そこでこのページでは、お中元は喪中の場合どうするべきなのかについて、のし等の基本的なマナーをご紹介します。
季節行事のマナー

お中元を出し忘れたらどうする?暑中見舞いと残暑見舞いの違いとのしのマナーについて

お中元の時期は地域によって差があり、早い地域では7月15日までに送らなければなりません。 日々忙しく過ごしていると、「お中元の手配をうっかり忘れていた!」なんてこともありますよね。 そんな時でも焦らなくて大丈夫。 のしの表書きさえ変えれば、時期を過ぎてもお中元を贈れるんです。 毎年お中元を贈り合っていたのに、時期を過ぎてしまったからといって突然お中元を贈るのを止めてしまっては失礼に当たります。 お中元を出し忘れた時のマナーを知って、相手の方に失礼のないよう品物を贈りましょう。
季節行事のマナー

お中元の時期のマナー知ってますか?実は関東や関西など地域によって異なるんです!

結婚や就職を機に、親や親戚など日頃お世話になっている人にお中元を贈ってみようと考える方も多いですね。 ですがいざ贈ってみようと思うと、決まりやマナーなど分からないことばかりだったりしませんか? 「お中元って夏の間ならいつ贈ってもいいのかな~」なんてぼんやりした知識だけでは、気づかないうちにマナー違反をしているかもしれません。 まずはお中元の時期に関するマナーを知って、お世話になっているあの人に失礼のないようお中元を贈りましょう!
季節行事のマナー

お中元の意味って正しく知ってますか?誰に送るべきでお歳暮と何が違うのか

社会人になったり結婚したりすると、今まで親任せにしていた季節行事も自分で行っていく必要があります。 そんな季節行事のひとつである「お中元」。 夏に贈るものだってことはなんとなく知っているけど・・・ なんて状態では、恥ずかしい思いをすることになるかも!? 常識ある立派な大人として振る舞うためにも、日本の古き良き風習である「お中元」の基礎知識について知りましょう!
タイトルとURLをコピーしました