女性

髪の悩み

縮毛の前髪はどう対策すればいい?矯正のお値段と自然に仕上げるコツ

私はいわゆる縮毛と呼ばれる頑固なくせ毛なんですが、前髪のうねりが一番ひどいんです。 前髪って、ヘアスタイルの印象を決める大きな要素ですよね。 その前髪が縮毛でうねってしまうので、なかなか思い通りのヘアスタイルにできないことが私の悩みでした。 特に雨の日は、湿気で縮毛によるうねりがひどくなるので最悪です。 毎年梅雨の時期が近づくと、「髪の毛どうしよう・・・」と憂鬱でした。 でもそんな私でも、縮毛に悩みながら思春期を過ごし大人になって今では2児の母になり、いつのまにか縮毛で悩むことも減ってきました。 それはなぜかというと、縮毛との長い付き合いの中で、縮毛と上手くつきあっていく方法を身につけたからなんです。 そこで今日は、縮毛歴ベテランの筆者が、特に悩むことが多い前髪の縮毛への対策をご紹介します!   

縮毛の前髪への対策はどんな方法があるの?

まずは、私が今までに実際にやったことがある縮毛の前髪対策をご紹介します。 無料ですぐに実践できることもあれば、お金はかかるけど便利な方法もあるので、是非試してみてくださいね。
大人の病気

間質性膀胱炎と膀胱炎の違いとは?その原因と症状を知ろう

膀胱炎は、女性にとても多い病気です。 しかも一度膀胱炎にかかると、繰り返し発症するようになることも多いです。 そんな膀胱炎の繰り返しに悩んでいる女性の皆さま、間質性膀胱炎という病気をご存じですか? この間質性膀胱炎という病気は、いわゆる普通の膀胱炎を繰り返しているケースと現れる症状は似ています。 しかし実は、原因の異なる全く別の病気です。 そのため、膀胱炎の治療を繰り返していても治ることはありません。 あなたが今悩んでいるその症状は本当に膀胱炎なのか、それとも間質性膀胱炎の可能性があるのか。 間質性膀胱炎と膀胱炎の違いを知って、自分の悩みの原因を見極めましょう。
大人の病気

膀胱炎の繰り返しはもうイヤ!そこから脱却した私の実体験記

女性に多い病気のひとつである膀胱炎。 この膀胱炎という病気でやっかいなのは、一度かかると繰り返し発症するようになる場合が多いこと。 私自身も二十歳の頃に膀胱炎を発症し、その後繰り返すようになりました。 病院で処方してもらった薬を飲むと一旦は治るのですが、しばらくするとま膀胱炎独特の残尿感と痛みが・・・ その頃の私は、2~3ヶ月に一回くらいの頻度で膀胱炎を発症していました。 薬を飲めば膀胱炎の症状は治まるけれど、いつまた膀胱炎の症状が出るかビクビクしながら生活するのは本当にストレスを感じました。 それなりに忙しい毎日の中で、膀胱炎を発症するたびに病院へ行く時間を作ることもなかなか大変でした。 ですが自分なりの対処法を見つけることで、最初の発症から2年後くらいには膀胱炎のことを気にしなくていい日常に戻りました。 そこで本日は、膀胱炎に悩まされるストレスフルな日々から脱却した私の実体験をご紹介します。 膀胱炎を繰り返すことで悩んでいる女性のみなさんに、私の実体験が少しでも役立つことを祈っています!
大人の病気

膀胱炎を繰り返す原因とは?その予防方法と別の病気の可能性

女性に多い病気である膀胱炎。 この膀胱炎という病は、一度かかると繰り返し発症しやすいという特徴があります。 膀胱炎を繰り返し発症することに悩んでいる女性も、実は意外と多いのではないでしょうか。 悩んでいても人に相談しにくい、膀胱炎を繰り返すという悩み。 ここでは、自身も膀胱炎を繰り返すことに悩んだ経験のある筆者が、膀胱炎を繰り返す一般的な原因とその予防方法についてまとめています。 またいつ発症するか・・・と膀胱炎の影におびえる憂鬱な日々を過ごしている女性は、自分に当てはまることがないか参考にしてくださいね。
大人の病気

残尿感のある女性は何科を受診するべき?症状の原因と治し方

意外と女性に多い症状である、排尿時の残尿感。 トイレに行くたびに違和感や痛みを感じるのはとっても不快ですよね。 「膀胱炎かな?それとも他の病気の可能性もあるのかな?」 「残尿感があるだけだし、ほっとけばその内治るか...
タイトルとURLをコピーしました