幼虫

生き物の飼い方

カブトムシの幼虫が土の上に出てくる時の対処法を分かりやすくご紹介

カブトムシの幼虫を飼育していると、なぜか幼虫が土の上に出てきてしまうことがあります。 土の上に出てきた幼虫がなかなか潜らないと、このまま弱ってしまうのでは?と不安になりますよね。 私は子どもと一緒にカブトムシ飼育をしているので、 「子どもが成長を楽しみにしているカブトムシの幼虫がこのまま死んでしまったらどうしよう(汗)」 と、初心者の頃はかなり焦りました。 ですがそこで正しい対処をすることで、それから毎年無事に成虫を羽化させています。 そんな経験を活かして、このページではカブトムシの幼虫が土の上に出てきてしまう時の対処法を、初心者の方でも分かりやすく説明しています。
生き物の飼い方

カブトムシの幼虫はケースに何匹入れるのが良い?容器の大きさと土の量について

カブトムシの幼虫を初めて飼育する時って、分からないことばかりですよね。 私も子どもと一緒にカブトムシを飼い始めた頃は、分からないことばかりで試行錯誤しました。 特にどれくらいの大きさの飼育ケースに何匹の幼虫を飼って良いのかは、ネットで出てくる情報もマチマチで悩んだものです。 そこでこのページでは、カブトムシの幼虫飼育を3年続けてきた経験に基づいて、カブトムシの幼虫を飼育する容器や土の量についてご説明しています。
生き物の飼い方

カブトムシの幼虫の飼育方法|必要なものと注意すること

子どもの夏休み中にカブトムシをつがいで飼い始めたご家庭では、そろそろメスが産卵して幼虫が生まれる頃でしょう。 カブトムシの卵も幼虫も初めて見るお母さんは、これからどうしたものかと頭を悩ませているのでは? ここではそんなママのために、カブトムシ飼育歴3年の主婦がカブトムシの幼虫の飼育方法をお教えしています。 幼虫がちょっと苦手という方のために幼虫の写真は載せていませんので、安心して読み進めてください。 今カブトムシの卵を発見した段階の方は 『カブトムシが卵を産んだらどうする?|孵化させる方法と育て方』 から読み進めてくださいね。
タイトルとURLをコピーしました