大人の病気

親知らずを抜くメリットとデメリットとは?どうやって抜いたかの実録付

歯医者でレントゲンを撮った際に、「親知らずがあるから、いずれ抜いた方がいいですよ」とすすめられた経験てありませんか? 私は高校生の頃、虫歯が気になって歯医者を受診したときに初めてそう言われた覚えがあります。 その時は「親知らずか~何か聞いたことあるけど今は別に気にしなくていっか」と聞き流してしまいました。 ですが私は結局その数年後、親知らずが痛み出して抜歯することになりました。 今思えば、最初に歯医者で親知らずの存在を聞いた時にもう少ししっかり考えておけば、後の辛さはもう少し軽減されたのかなと思ったりします。 そんな親知らずを4本全部抜いている筆者が、実体験を通して感じた親知らずを抜くことのメリットとデメリットについてまとめました。 また、実際に親知らずを抜く際にどうやってことが進んだのかについても語っています。
大人の病気

親知らずって抜く必要あるの?私が感じた痛さを体験談でご紹介します

親知らずって、よく「抜くのが大変で~」みたいな話聞きますよね。 でも実際に親知らずに関するトラブルが発生しない限り、普段の生活で親知らずを気にしている人ってあんまりいないと思います。 ただし親知らずの怖いところは、親知らずが痛み出すと場合によっては生活に支障をきたすくらいの痛みになるし、すぐに簡単には抜けないということです。 それに親知らずを抜いた方がいいのは分かっていても、その痛みが怖くて踏み切れないって人もいますよね。 私自身は、20代の頃に上と下の歯の左右ともに全ての親知らずを抜きました。 今は30代になりましたが、あの頃に抜いておいて良かったなぁと感じています。 そこで今日は、私が親知らずを抜いた実体験を元に、その必要性や痛みについてまとめます。
タイトルとURLをコピーしました