足が痛い

子供の病気

オスグッド病と成長痛の違いは何?病気の治療と予防方法

あなたはオスグッド病という言葉を今まで知っていましたか? 私は、先日4歳の息子が急に足が痛いと言い出して、その原因を調べる中で初めて知りました。 4歳の息子の足の痛みは、結局成長痛という診断が下りました。 でもこのオスグッド病。 症状を知ると、息子がもう少し大きくなったら発症する可能性がけっこう高いなと感じました。 なぜならこのオスグッド病という病は、主に10代の成長期にスポーツを盛んに行っている子どもに多く発生するからです。 成長期に多く発生することから、いわゆる成長痛と勘違いされやすいオスグッド病。 しかし成長痛と違ってオスグッド病は、そのうち勝手に治るものではありません。 オスグッド病について学んで、スポーツに一生懸命に取り組む子どもが痛みに苦しまないようにケアしてあげましょう。
子供の病気

子どもの骨肉腫の症状と原因とは?肺転移の可能性にも注意

先日、私の4歳になる息子が急に足の痛みを訴えると言うことがありました。 そのときの私は、いわゆる成長痛の可能性が高いなとは思いつつも 「もし骨肉腫とかの重篤な病気だったらどうしよう・・・」 という考えも脳裏に浮かびました。 でもよくよく考えると、骨肉腫という言葉は知っているものの、骨肉腫の症状や原因については詳しく知らないということに気づきました。 骨肉腫がどういった病気なのか知らなければ、自分の子どもの症状が骨肉腫に当てはまるのかどうかも分かりませんよね。 ということで、私の息子が急に足が痛いと訴えだした体験を通して学んだ、子どもの骨肉腫という病気についてまとめます。
子供の病気

子供の成長痛とはいったい何なのか?その症状と対処法について

子供が急に足が痛いと言い出すことってありませんか? そういった場合にまず一番に思いつくのは、成長痛という言葉。 成長痛ならそのうち自然に治るだろう・・・ とは思いつつも、子供が痛がって泣いたり眠れないでいたら心配になるのが親心。 「成長痛って、こんなに泣くほど痛がるものなんだろうか?」 「本当にそのまま放っておいてもいいんだろうか?」 「もしかして何かの病気だったらどうしよう・・・」 足を痛がる子供をみて、そんな不安が心をよぎるお母さんも多いのではないでしょうか? 実は私の4歳の息子にも、ちょっと前に成長痛と思われる足の痛みが現れました。 そのときの経験を通して学んだ成長痛についての知識を、ここではまとめています。 あ! もし今まさにお子さんが足を痛がっているのなら、お子さんの痛がっている部位を手で優しくさすってあげながら続きを読んでくださいね。 痛む部位を優しくマッサージしてあげることが、今あなたができる一番の対処法です。 それでは 子供の成長痛とはいったい何なのかということを理解して、足を痛がっているお子さんを少しでも楽にしてあげましょう!
子供の病気

子供の足が痛いのは成長痛?その対処法と風邪との意外な関係

毎日の子育ての中で、「こういう場合どうしたらいいんだろう?」と頭を悩ませる場面って多いですよね。 特に子供が不意に体調不良を訴えてきた場合は、つらそうな子供が可哀相な気持ちと対処法が分からず焦る気持ちで、パニックに陥ってしまうお母さんも多いと思います。 ただいま4歳と1歳の子供を育てている私にも、つい先日そんな出来事が起こりました。
タイトルとURLをコピーしました